トップページ > 健康診断 > 健診内容 > 特定健康診査・特定保健指導
特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査

カット 日本人の死亡原因の6割は生活習慣病といわれる,がん・心臓病・脳卒中です。高血圧・高脂血症・糖尿病 などは、それぞれが独立した病気ではなく、内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であることがわかってきました。 メタボリックシンドロームやその予備群の人を見つけ出し、改善と予防に向けた支援を行う保健指導に重点をおいた健診をいたします。
 

実施対象者

  • 各医療保険に加入されている40歳から74歳までの被保険者及び被扶養者の方

健診の内容

基本的な健診の項目

  • 問診(質問表)・身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)
  • 血圧測定
  • 尿検査(糖、蛋白)
  • 血液検査(GOT、GPT、γ-GTP、中性脂肪、HDLーコレステロール、LDLーコレステロール)
  • 血液検査(空腹時血糖またはHbA1c)

詳細な健診の項目 (医師の判断により実施)

  • 貧血検査(ヘマトクリット値、血色素測定、赤血球数)
  • 心電図検査
  • 眼底検査

特定保健指導

  • 健診結果から…

    肥満

    A) 腹囲が
     男性 85㎝以上
     女性 90㎝以上

    または

    B) BMIが25以上

    の方でなおかつ…

     (1)血糖 (2)脂質 (3)血圧 (4)喫煙歴にリスクがある方に保健指導を実施致します。
     
  • 動機づけ支援レベル
    ▲生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合った目標を設定し、実行に移せるようなきっかけづくりを、保健師、栄養士がサポートします。
  • 積極的支援レベル
    ▲生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合った目標を設定し、実行を続けられるように保健師、栄養士がサポートします。