トップページ > 環境 / 食品 > 理化学的試験 > 食品の分析・試験
食品の分析・試験

 検査を通じて食品の安全安心をはかることは、人々の健康を守ることと同意義であると京都微生物研究所は考えます。
 成分の分析、添加物の検査、輸入製品の検疫といった理化学検査から、食品の日持ちや、各種病原菌に対する微生物検査など、検査の内容は広範囲。食品衛生法の基準に照らして厳密に実施しています。

栄養成分試験

汚染物質(農薬等)試験

 食品衛生法の改正に基づき、平成18年5月29日から人の健康を損なうおそれのない65農薬を除く全ての農薬に対し、一定の量を超えて残留する食品の販売等が原則禁止される新しい制度、いわゆるポジティブリスト制がスタートしました。

ポジティブリスト制とは・・・

 現在、世界の人口は60億人を超えており、これらの人々が生活するには毎日膨大な食料を必要としますが、限られた耕地面積で最大限の収穫を得るには殺虫、殺菌、除草などの目的で使用される農薬が必要不可欠となっています。農薬には私たちの健康に害を及ぼすものが多くあり、農薬取締法や食品衛生法で農薬の正しい使用法や一部の農薬に対する食品中の残留基準値などが定められてきましたが、①世界中では約1000種類を超える農薬が使用されている②我が国で消費される食糧の60%以上が輸入製品である③食の安心・安全に対する消費者からの強い要望などを背景に、食品衛生法が改正されました。
 このポジティブリスト制度とは、国内及び国外で使用されている全ての農薬に対し、一定の量を超えて残留する食品(加工食品も含む)も販売・流通などが原則禁止されるもので、従来の制度(ネガティブリスト制:原則規制がない状態で、一部の農薬をリスト化)に対して、より食の安全・安心を強化したもので、平成18年5月29日から施行されました。

 また、このポジティブリスト制では、残留基準値が設定されていない農薬については、一律基準(0.01ppm)が適用されます。

残留農薬一斉分析を行っています。

 ポジティブリスト制は、国民の食に対する安全・安心を確保するために導入されました。

 そこで、当所ではこれまでの技術と経験を活かし、食品中の残留農薬一斉分析を実施しています。

 現在、国内外で使用されている農薬は1,000種類近くあるとされており、これらの農薬全てに対応できる分析方法は、残念ながら未だ確立されていません。当所で分析可能な農薬の中から、これまでの農薬検査で度々検出される農薬(高頻度検出農薬)と近府県(京都、滋賀、大阪、奈良、三重)で多く使用されている農薬(高使用量農薬)を主にした食品中残留農薬一斉分析を実施していますので、ご紹介させて頂きます。なお、今後、分析対象農薬及び食品品目は順次増やしていますので、その内容については、随時、お知らせいたします。

添加物試験

規格検査

ご依頼・お問い合わせはこちら