水環境の測定

飲料水の水質検査

建築物衛生法における水質検査案内

水源の分類
検査頻度
検査項目数
検査項目名
A. 水道水又は専用水道
B. 地下水その他のA以外の水を全部又は一部とする
6ヶ月に1回 11項目
省略不可
  • 一般細菌
  • 大腸菌
  • 亜硝酸態窒素
  • 硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
  • 塩化物イオン
  • 有機物(全有機炭素の量)
  • pH値、味、臭気、色度
  • 濁度
5項目
省略可能 *1
  • 鉛及びその化合物
  • 亜鉛及びその化合物
  • 鉄及びその化合物
  • 銅及びその化合物
  • 蒸発残留物
1年に1回
6/1~9/30の時期
12項目
(消毒副生成物)
 
  • シアン化物イオン及び塩化シアン
  • 塩素酸
  • クロロ酢酸、クロロホルム
  • ジクロロ酢酸
  • ジブロモクロロメタン
  • 臭素酸、総トリハロメタン
  • トリクロロ酢酸
  • ブロモジクロロメタン
  • ブロモホルム、ホルムアルデヒド
B. 地下水その他のA以外の水全部又は一部とする 3年に1回 7項目(有機化学物質)
  • 四塩化炭素 
  • シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
  • ジクロロメタン
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • ベンゼン、フェノール類
給水の開始前 51項目  

注釈: *1 省略可能項目は、適合した場合に次回(6ヶ月後)の検査を省略可能

プール水

遊泳用プールの衛生基準

法改訂:平成19年5月28日 厚生労働省健発第0528003号

水質基準

検査頻度
検査項目数
検査項目名
基準値
毎月に1回以上 6項目 遊離残留塩素 *1 0.4mg/L以上、1.0mg/L以下
水素イオン濃度 5.8以上 8.6以下
濁度 2度以下
過マンガン酸カリウム消費量 12mg/L以下
大腸菌 検出されないこと
一般細菌数 200CFU/mL以下
毎年に1回以上 5項目 クロロホルム -
ジブロモクロロメタン -
ブロモジクロロメタン -
ブロモホルム -
総トリハロメタン 暫定目標値 0.2mg/L以下

注釈: *1 二酸化塩素消毒の場合は二酸化塩素濃度は、0.1mg/L以上0.4mg/L以下、また、亜塩素酸濃度は1.2mg/L以下であること。

河川水、工場排水等

水道法に基づく水質基準項目 ( 51項目)

資料 水道法に基づく水質基準項目(51項目) を参照してください。

ご依頼・お問い合わせはこちら