トップページ > 環境 / 食品 > 法定検査 > 浄化槽法に係る施設検査
浄化槽法に係る施設検査

浄化槽法定検査

法定検査は都道府県知事が指定した検査機関が行う、浄化槽設置後の水質に関する検査(第7条)と定期検査(第11条)があります。

浄化槽法第7条

浄化槽の設置工事が適切に行われ、浄化槽の機能を発揮しているか否かを確認するため、使用開始後3~8ヶ月の間に、知事が指定した検査機関が行います。

浄化槽法第11条

浄化槽の保守点検・清掃など、維持管理が適正に実施されているかを確認するため、1年に1回、知事が指定した検査機関が行います。

検査エリア;京都市(北、上京、左京、中京、山科区)、向日市、長岡京市、大山崎町、福知山市、宮津市、与謝野町、伊根町 

 

ご依頼・お問い合わせはこちら