腸内細菌検査

定期的な腸内細菌検査(検便)や食品検査および拭き取り検査の実施は、
食中毒を未然に防止する手段の一つです。
食中毒を引き起こす原因菌は数多く存在しますが、検便では主に赤痢菌・サルモネラ菌・
腸管出血性大腸菌などの検索をします。

検査項目例

 

保菌

 赤痢菌
 サルモネラ属菌(腸チフス・パラチフス含む)

腸管出血性大腸菌

 O-26
 O-111
 O-128
 O-157
  ※O-157のみか4種類すべてかを選択

その他食中毒原因菌  カンピロバクター
 腸炎ビブリオ
 黄色ブドウ球菌
虫卵  回虫卵など
その他  コレラ菌
 大腸菌血清型別試験
 Vero毒素試験

 注)上記項目は当研究所の検査内容であり、細菌はその他にも数多く存在します。
 注)厚生労働省の大量調理マニュアルでは、腸管出血性大腸菌を推奨しています。

菌の特徴

腸管出血性大腸菌(O-26、O-111、O-128、O-157)

  • 代表的なものに「O-157」がありますが、「O-26」・「O-111」も同じ仲間の菌であり注意が
    必要です。
  • 感染力が非常に強く、わずかな菌数を摂取しただけでも発症します。
  • 食肉や井戸水、野菜、果物に付着していることもあります。
  • 主な感染症状は下痢、腹痛、発熱など。HUS(溶血性尿毒症症候群)を発症することも
    あります。
  • 腸管出血性大腸菌が陽性の場合、Vero毒素試験を検査する必要があります。

サルモネラ属菌

  • 鶏、豚、牛などの動物の腸管に生息しています。また、ペットの腸管にも生息していること
    があります。
  • 鶏卵を使用した食品(だし巻き、マヨネーズ、ケーキ、シュークリームなど)が食中毒の原
    因となることがあります。
  • 主な感染症状は腹痛、下痢、嘔吐、発熱などです。

カンピロバクター
 

  • 家畜(主に鶏や牛)の腸管内にかなりの確率で生息しており、解体処理される時に食肉
    部を汚染します。
  • 低温、低酸素でも生息可能で、食中毒菌として最も発生件数が多いです。
  • 主な感染症状は腹痛、下痢、嘔吐、発熱などです。頭痛や筋肉痛になることもあります。

黄色ブドウ球菌
 

  • 人の手にある傷や鼻の中、頭髪、咽頭などに潜伏します。
  • 菌が増殖するときにエンテロトキシンという毒素を産生します。この毒素は100℃で30分
    加熱しても分解されません。
  • おにぎり、弁当、生菓子など、手指を介して汚染された食品により食中毒が発生します。

腸炎ビブリオ

  • 海水(塩水)を好み、海水温度が20℃以上になると活発に増殖するため、夏季にとれる
    魚介類に潜伏していることが多いです。
  • 至適温度になると他の菌の2倍以上の速さで増殖しますが、真水や酸に弱いです。
  • 主な感染症状は激しい腹痛(特に上腹部痛)、下痢(水様で激しい)、嘔吐、発熱などです。